1. HOME  /  
  2. karl kani  /  
  3. NEWS & FEATURE  /  
  4. Karl Kani tabloid Vol.05

NEWS & FEATUREニュース・特集

2019.09.27

Karl Kani tabloid Vol.05

CATEGORY:
FEATURE

ミリタリーとストリートの共存は ロゴと刺繍で“らしさ”をうかがわせて

今シーズンのメインアウターであるモッズコートを主役に、ニットとダメージデニムで構築したワイルドなカジュアルスタイル。普遍的なミリタリーテイストを表しながらも〈カールカナイ〉のロゴと刺繍を随所に散りばめたことで、ブランド由来のストリートエッセンスを加味した。このMIX感が今っぽさを象徴する。

スポーティでコンフォートなセットアップを都会的にシフト

ラインと刺繍をあしらった〈カールカナイ〉らしいストリート感満載のジャージセットアップ。ブラックかつ秋冬らしい素材感を生かすように、Tシャツもモノトーンで揃えたことで都会的でモダンなスタイルへと昇華した。力みのないこなれ感がラフな装いでさえも旬なアウトプットへ。

ボアと柄とライン、さりげなくもアグレッシブな姿勢を示す

アメカジな雰囲気が魅力のデニムボアコートは、内側にエスニック柄を加えてアメリカンなムードをさらに上昇。その強いインパクトをシンプルなホワイトインナーとブラックパンツで引き立てつつも、パンツに施されたアクティブなレッドラインが後ろ姿からも攻めの姿勢を感じさせる。

武骨なレザースタイルのアップデートは90年代に回帰して

90年代にムーブメントを起こしたのは、スポーティなMIXスタイルだけではない。モード全盛の時代を思わせる無彩色のレザースタイルもそのひとつだ。そんな男らしいムードを手に、ストリート的なプリントやラインデニムを操るあたりに〈カールカナイ〉のさらなる可能性を感じるだろう。

これが〈カールカナイ〉の真骨頂
HIP HOPの礎を築いた90’sルック

90年代を回顧させるボリューミーな中綿ダウンブルゾンは、ブランドロゴを大胆にあしらった心意気にも当時のHIP HOP的観点を味わえる。ビッグロゴのスウェットをインに挿し、上半身はまさに当時のアプローチに。そこへタイトなシルエットのデニムパンツでコントラストを出して現代的なスタイルに仕上げた。

SHOP LIST 正規取扱店
  • GOLF

FOLLOW Karl Kani

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • LINE